あなたに合った投資商品をどのように見つければよいかわからない、そんなあなたのために投資商品の選び方を紹介したいと思いまうす。

まず金融商品といってもおおくの種類があります。

例えばあなたが死亡したときに保険金が支払われる生命保険

病気やけがをしたときに支払われる医療保険

企業の株式を購入、また投資信託などで幅広く資産運用をする方法もあります。

そのほかにも債権や不動産(リート)などもあります。

本当の多くの金融商品が世の中にはあります。

スポンサーリンク

投資商品の利回り比較

まずどの投資商品にしてもリスクはあります。

ここで出す数字はあくまで目安です。もちろんマイナスになる事もあるので勘違いはしないでください。

投資信託の利回りは約3~5%と言う商品が多いです。

株式は一概には利回りが何%という事は出来ません。

不動産投資は最低でも5%は欲しい所です。不動産はローンを組んでの投資となるので、出来るだけ利回りが高くないと、空室などのリスクもあります。

生命保険での運用は、ほとんど0%と考えて、但し長く付き合えば保険料がタダになる程度にはなります。

スポンサーリンク

あなたに合った投資商品の選び方

あなたに合った投資商品の選び方は一つしかありません。

それはまずあなたの今後のプランを考えていくことで、自然と見つかってきます。

なぜプランを作る必要があるかというと、あなたが投資商品を買う前に、なぜそれを買うのか、なぜそれが必要なのかを考える必要があるからです。

やみくもに投資商品を買う事だけはやめてください。

これらからあなたには結婚や出産、子供の成長、夫婦二人の老後の生活

ざっと挙げただけでもこれらのイベントがあなたを待っています。

これらのイベントにはそれぞれお金がかかります。

結婚は小さいものから大きなものまで、これもあなたのさじ加減で決められますが、最低でも100万円はかかるでしょう。

に出産、これは国の補助や、自治体に助成金があるので、これ自体にはお金はあまりかかりませんが、もし夫婦二人の共働きの場合、この期間の収入は減ることになります。

子供成長については、教育費がメインになります。子供が大学を卒業するまでに2000~3000万円はかかると言われています。

そして最後に老後です。

これも結構な金額になります。今後年金について増えるかといえば、それは期待はできません。

これから年金+アルファを作る必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

こういったイベントに関する費用などからあなたのライフプランをつくり、そしてそれに合った投資商品を選ぶことが、重要になってきます。

こちらの記事を参考に、良い商品を選んでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事